« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

免許証

Bv0813

カンマエって、運転免許証を持っているのかなぁ…(* ̄ー ̄*)

カンマエは韓国人だけれど、ほぼ外国人みたいなものだから(10年も帰らないし…)、韓国の免許証を持っているのかぁ…なんて考えてもしょうがないことを思ってみました(笑)
外国の免許証を持っている人は手続きすれば車を運転できるみたいだけれど、そんなことしてなさそう…。

それはともかく!!

カンマエが運転するのはこれが最初で最後という何とも貴重なシーンであります。
カンマエが運転できて少し安心しました(笑)
「運転できない」のと「運転できるけどしない」のとは全く意味が違いますので…。

でも、私は人が運転する車の後部座席に悠然と座っているカンマエが好きです (≧∇≦)

バックミラー越しにルミを見つめているカンマエ。
いい感じなんだけれど…
Bv0814
見方を変えれば脇見運転だったりする…(爆)

気にしない気にしない (* ̄ー ̄*)

2011年3月30日 (水)

好きな1コマ

好きな1コマ…

Bv1870
市響メンバーと別れた後、カンマエが立ち止まって振り向くところ。


ここで過ごした半年(以上!?)が、カンマエにとって何物にも代えがたいものであったのだということが伝わってきます。

役目を終えて(もしくは自ら降りて)次の所へ行くことはカンマエにとっては当たり前のことで、特に何かを感じたりすることは今までなかったのだろうけれど、今回は違うのです。
街を見渡して、そこで過ごした日々を振り返るなんてこと、きっと今までしたことがなかったと思うのです。
後ろ髪を引かれるような思いもきっと感じていることでしょう。

それでもカンマエが去っていくのは、まだまだ自分は人生の、夢の途中だから。
そして、これからが始まりだから。

そんな感じかなぁ…(* ̄ー ̄*)
ここで過ごした日々は確実に未来へ続いているのですね。

何が言いたいのかわからなくなってきたけれども…
セリフがなくても多くのことを表現できるのだと感じる1コマだと思います。
言葉はあくまで手段に過ぎないのですね。



それにしても……

カンマエは素敵過ぎる…( ´艸`)( ´艸`)

2011年3月29日 (火)

テーブルの行方

前から少し気になっている…
Bv0256
このひっくり返ったテーブル(かどうか怪しい…)の行方。

この後、姿を消すのです。

Bv0440
ない!!

…別にいいけど (爆)

ひっくり返るなんて、相当ひどい倒れ方をしたんだろうなぁ…。
トーベンを抱えているカンマエがテーブルに足を引っ掛けて倒れる様は、想像すると大惨事であります。
かなり痛そう…と思うけれど、トーベンが大変でそんなことを思う余裕もないようです。

どうしたものかと途方に暮れて、最後の頼みの119番にも見離されたカンマエ…。
Bv0255
なんだか不憫です (/□≦、)


2話で本格的に現れたカンマエ。
Bv0218
きっと視聴者の多くに「なんだコイツは!?」と思われているはず…。

でも同じ2話でここまで取り乱してる姿を見られます(笑)
Bv0249
2話、奥が深い…。
惜しみない構成にただただ驚くばかりです。

2011年3月28日 (月)

名犬トーベン その2

ゴヌがミョンファンの元へ去る時がやってきて…

当然カンマエは見送ることなどできるわけもなく、気を紛らわす為に本を読んでいるのです。
でも頭に入らず…
Bv0756
騒ぐトーベンにイライラして…
Bv0757
トーベンに枕を投げつけるのです。
Bv0758
自分の心を見せつけられているようで、耐えられなかったのでしょう。
Bv0759
弟子を持ったのも初めてなら、弟子を手放すのももちろん初めてで…。
初めて湧く感情をどうしたらよいのかわからないんだろうなぁ…なんて思ったり。

人は失って初めてその大切さに気付くのだと誰かが言っていたけれど、まさにその通りだと思います。

それにしても、なんて哀れなトーベン!!
そして、こんな目に遭ってもカンマエを見捨てないトーベンに涙が出ます (/□≦、)
トーベンはカンマエが本当に大好きなのですね 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


* * * * * * * * * *


カンマエの元を去っていくゴヌ…。

でも見方を変えれば、人の家に取り残された居候のカンマエ(爆)
この家の主が帰ってきたら「あなた誰!?」と通報されるんだろうなぁ…( ̄▽ ̄)

たまにこの家の本当の持ち主の存在を思い出すと笑えます。
この家はカンマエの家だと誰も疑わないことでしょう。


最後に1つだけ…
Bv0755
ベッドの真ん中に寝ればいいのに…。

2011年3月27日 (日)

星と冬

以前、naviconでカンマエが宇宙人に例えられているというのを紹介しました。

その後、カンマエが指揮しているシーンを見ていると、バックに見える会場の照明がなんだか星に見えてきました。
Bv0545
カンマエは星空が似合うように思います。

もちろんカンマエが宇宙人だなんて思っていませんが(当たり前だ)、音楽と宇宙は通じるものがあるように思います。

特に、無限に広がっているところ。

新しい音楽は次々と生まれています。

1つの曲も、演奏によって様々な顔を見せます。

そう考えると音楽って本当にすごいです。

カンマエもある意味、宇宙を創造しているんだなぁ…なんて思ったり。


* * * * * * * * * *


私はカンマエに「冬」のイメージがあるんです。

それは、初めてまともにベバを見たのが14話で、カンマエがコートを着ていたからだと思っていたのですが…

違った ( ̄Д ̄;;

ベバにハマってそわそわしていた頃に、1枚のCDを買ったのです。
ベバとは無関係のものですが。
そのCDにウィンターソングが入っていて、その曲が好きでそればかり聞いていたからだ…と今更思いだしました(笑)

ウィンターソング大好きです♪
音楽も歌詞もとても綺麗で、ロマンチックだなぁ…と思います (≧m≦)

そして、なぜだろう…

最近は、ほとんどの曲がカンマエとルミちゃんのことを歌っているようにしか聴こえません(爆)

(* ̄ー ̄*)

2011年3月26日 (土)

生活感

こういう画像を見つけたのです。

0001
( ´艸`)

ヘアピンのカラフルさが良いですね ( ´艸`)

カンマエの髪型って大変そうです。

寝起きは髪の毛がペタンとしているカンマエ。
Bv0257
(↑このシーンの場合は髪の毛がカンマエの心を映しているようにも見えますが…)

毎朝鏡の前でセットしているのかなぁ…と思うと想像しただけでニヤけてしまいます ( ̄ー ̄)
セットに何分かかるんだろう…。

髪を洗ったらドライヤーをかけるんだろうか…!?


それからいつも気になること…

カンマエってヒゲを剃るんでしょうか!?

きっと伸びないと思うんです!!
きっとヒゲ剃りなんて持っていないと思うんです!!


結論―――

カンマエって生活感がない。


だから、寝起きのカンマエが扉の向こうに消えたと思ったら、次の瞬間には髪も服もバッチリとキメて出てきそうな気がします。


カンマエって不思議だなぁ…(* ̄ー ̄*)


そして、こんなことを考えている私って一体…( ̄◆ ̄;)

2011年3月25日 (金)

雑誌

雑誌を読んでいるカンマエが素敵過ぎる… ( ´艸`)

でも、目的もなくTVを見たり雑誌を読んだりしているのを見ると、カンマエがここで過ごす時間が終わりを告げようとしているんだなぁ…という感じがしてなんだか寂しい気分にもなります。
Bv1852
 ↑
父親の機嫌を窺いながら話しかける息子の図に見えなくもない(笑)

ルミの手術が再来週で、今度の演奏が最後になるだろうと聞き、ページをめくる手がとまるカンマエ。
Bv1853
この反応がカワイすぎる…( ´艸`)
「先生の指揮でもう一度演奏がしたいんです」というルミの言葉を思い出しているのかなぁ…。「ガチョウの夢」をしたけれど、それはこの際関係ないのです。
この言葉はカンマエにとってとても大切な言葉であるように思うのです。
ルミの話を持ち出すなんて、ゴヌも策士になったものです ( ̄ー ̄)

「先生を頼りに…」と言われて…
Bv1856
動揺してそう。

「指揮もしないし、見送りも受けない」と言うカンマエ。
Bv1858
わざわざ公演の日に出立しなくても、もっと前に去ることもできただろうし…。
やっぱり見送りに誰も来れない状況を作りたかったのかなぁ…なんて思ったり ( ̄ー ̄)

2011年3月24日 (木)

愛国歌

Bv1850

カンマエって愛国心がなさそう…(笑)

だから私にはなんだか異様な光景に見えます。

このTVから流れている歌は「愛国歌」って言うらしいですね。
韓国ではその日の放送開始・終了時刻に流れるのだそうです。

へぇ…。

ということは、これが終わったらTV画面がジリジリになるのですか!?
その瞬間って怖そう…。

Bv1851
ゴヌに話しかけられないように真面目に見ているフリをしているのかなぁ…( ̄▽ ̄)

でも、結局最後まで見ずにカンマエはTVを消してしまいました(笑)
実は画面がジリジリになるのを見たくないという理由だったら笑えます(爆)

そして雑誌に手を伸ばす。
何かを見ていないと落ち着かないのでしょうね。

あ、このシーンのシャツとカーディガンの組み合わせ、結構好きです ( ´艸`)
とても上品な感じがします(…って、カンマエはいつも上品でした)。

2011年3月23日 (水)

電話

Bv0893

この時、なぜカンマエは携帯を使わなかったんだろう…。

答えは闇の中ですが、

カンマエってルミの電話番号覚えているんですねっ (* ̄ー ̄*)

携帯に登録している番号を確認してわざわざ固定電話でかけたのではないと思うのです。
それなら携帯で直接かけるだろうから…。

なんだか素敵 ( ´艸`)


素敵と言えば、この電話かけているカンマエは素敵過ぎます (≧m≦)
Bv0891
リラックスした感じがいいのかなぁ…。
電話がコードレスではないというのもポイントですね。
微妙にコードの長さを気にしてそうなところも何かいいなぁ…と思ったり ( ̄ー ̄)
きっとこれ以上伸ばしたら本体が落下するんです。(←勝手な想像)

あと、「かかってきた電話に出るカンマエ」というのもなかなか貴重です。
カンマエって、どちらかと言えば電話をかける人なので。
毎月の電話代がスゴそう…(笑)

そして、ゴヌと約束があると言われて、電話を切ってしまうところはカワイイのです ( ´艸`)
ゴヌとルミの恋の邪魔をするまいという気持ちもあったのかもしれないけれど、私には自分が一番じゃなくて拗ねているようにしか見えません(笑)

2011年3月22日 (火)

個人的ツボ

超個人的なツボではありますが…

ベバのガイドブックなどに書いてある、

「カン・マエ(本名 カン・ゴヌ)」

という表現が面白いなぁ…と思うのです (* ̄ー ̄*)

本名…(爆)
別に偽名を騙っているわけでもないのに(笑)


カンマエの口から「カンマエ」という言葉が出てくるのは、楽譜がバラバラになったとルミに電話するところですが…
Bv0890
「カンマエ?そう呼んでいるのか?」って、今更ですか!!!?
もっと前からあなたの前で言っていたではないですか!!(笑)

カンマエのことを「カンマエ」と思っていないのは本人だけなんだろうなぁ…そんなことをふと思うのです。


「ガチョウの夢」の指揮の話の時まで、私はカンマエとゴヌが同姓同名だということを忘れていて、「あぁ、そうだった」と思いました。
それだけ、カンマエはカンマエなのです(意味不明)。


韓国って、同姓同名の人が多いそうなので、漢字で個性をつけるのだそうです(妹談)。
へぇ…( ̄▽ ̄)

漢字と言えば中国!!

…ってことで中国のサイトを見たのですが、見事に漢字も同姓同名でした。

「姜建宇」

…誰!?

なんだか別の人にしか見えません。

2011年3月21日 (月)

鑑賞会♪♪

本日は福岡で「私の愛、私のそばに」を団体鑑賞してきました♪

ちなみにソラリアシネマはこういうところ。
 ↓
2011032110510001

独自の空気が漂っていて、ここだけ時間の流れが違うような感じがします。


さて、映画の感想。

私は2回目の鑑賞だったのですが…

1回目ほど涙が溢れるということもなく…、だからといって決して感動しなかったわけではありません。
前回とは違い、ジョンウとジスの二人を見守ることができたかなぁ…という感じでしょうか!?
少しだけ心に余裕ができたような気がします。

でも、最期にジョンウがジスに「愛してる」と伝えるところは涙が…。
「愛してる」と初めて言葉にしたのに、その言葉を声に出して伝えることができなくて、でもジスにはちゃんと伝わっていて…。
上手く言葉にはできませんが、いろんな想いが渦巻いて感動します。

そして、オギョンさんの言葉は深いなぁ…と改めて思いました。

エンドロールが終わって、しばらく余韻に浸ろうと思ったら、私の横を掃除の方が横切っていき、一気に現実に引き戻されました(笑)

福岡での上映は4月1日までの予定だそうです。
最終日まで、多くの人を温かな気持ちにしてくれることだと思います。


≪本日の参加メンバー≫
小豆san、アリスsan、トノsan、ぴーちsan、reo18さん、私。(五十音順)

皆さん、話がおもしろい…。
顎が痛いです(爆)

一人でカンマエを見て ( ´艸`)フフフ となるのも楽しいですが、人と話して (≧∇≦)キャー と言うのも楽しいです♪ 
またこのような会をしましょうね‼‼
今日はありがとうございました!!


そういえば、本日は予想外の出来事が…

なんとmiroさんからのプレゼント!!(小豆san経由で頂きました)
2011032119500000_2
今までにご報告して頂いた商品の数々(一部を撮影)。

しかもガムまで…。
蓋を替えれば完璧♪♪
2011032119520000
写真だと青く見えるかもしれませんが、実際は紫です。

どうしましょう ( ´艸`)

感謝の言葉もありません。
本当にありがとうございました m(_ _)m

2011年3月20日 (日)

いよいよ♪

福岡での団体観賞が明日になりました♪

03

昨年夏のベバとの出会い…。
まさか半年後に、ブログで知り合った方々と一緒に映画を見に行くようなことになろうとは思いもしませんでした。
不思議な御縁に感謝です♪


ところで…、

明日の詳細が決まっていない!!!! Σ( ̄ロ ̄lll)


《 待ち合わせについて 》
日時 : 3月21日(月・祝) 11:00 ※13:15の回を観る予定です
場所 : ソラリアシネマのチケット売り場付近

 ↑
こんな感じで大丈夫ですか!?
勝手に決めてしまいました (;´Д`A

無理な方、遠慮なくお申し出下さいませ!!
「ソラリアシネマってどこ!?」という方、迎えに参りますのでお申し出下さいませ!!


明日はよろしくお願いします!!

2011年3月19日 (土)

1曲だけやります

市響とマウスフィルの合同公演で、「1曲だけやります」と言うカンマエ。
Bv1890

ルミとゴヌの方を見るけれど…
Bv1891
Bv1892
二人のこの表情がなんだか少し腑に落ちなかったのです。

が、

以前に紹介したカットシーンで「公演に来てください」というやりとりをしているらしいので、そこからつながっているんだなぁ…と今更ながらに思いました。
Bv18e
そう思うと少し違ったものに見えてきます。

上手く言葉にできませんが、上(↑)のシーンがあるのとないのとでは、カンマエが現れた時のルミの感動が違うと思うのです。

Bv1894_2
「これでいいだろ」的な笑み。

始めから素直にくればいいのに…( ´艸`)

カンマエ、最後までカワイイですね (* ̄ー ̄*)

2011年3月18日 (金)

カンマエリング

以前コメント欄に話が出ていた「カンマエリング」ですが…

私、頼んでみました♪

そして、届きました  

注文方法をmiroさんが紹介して下さっていますので、気になる方はこちらへ♪
miroさんには大変お世話になりました。
本当にありがとうございました m(_ _)m


Ring1
Ring3_2
Ring4
TVから抜け出てきたような感じがします (* ̄ー ̄*)


9号を頼んだのですが…

小さかったです (爆)

気にしない気にしない ( ̄▽ ̄)
むしろピッタリな方が私の場合は困る気がします(笑)(←ここの感じ方は個人差がありそうですね)


Bv1881

カンマエが「1食分の金しかなかったが、食事を抜いて買ったんだ」って語っているけれど…

1食っていくらだったんだろう (* ̄ー ̄*) ←素朴な疑問


カンマエが強くなるためにいつも嵌めていた指輪、どんな高い指輪よりも価値や意味があるものです。
それをルミに渡したってことは、自分の分身を残していきたいってことなのかなぁ…と。
とても素敵です (≧m≦)

靴下では役不足ですね (笑)

2011年3月17日 (木)

完璧だからな

Bv1870_3
handphoneの発音が素敵すぎる…( ´艸`)

個人的にはカンマエが地面に鞄を置いたことに驚きました (゚0゚)
Bv1873_2
ただ事ではない気がします(笑)

ちらっとルミの方を見て…
Bv1874_2
携帯に視線を戻し…
Bv1875_3
結局何もせずに返却。
Bv1876
この渡し方の不自然さが何とも言えません ( ̄ー ̄)
そして本人きっと不自然だなんて微塵も思っていない感じがカワイイです ( ´艸`)
手を握るにはまだまだ口実が必要な模様…(笑)

初めて見たときは「こんな不自然なことをして何がしたいんだろう?」なんて思っていたけれど…
Bv1878
指輪を渡してるし‼‼

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

カンマエ、どんだけ不器用なんだ‼‼‼

「靴下よりましだろ」なんて言ってるし…(笑)
靴下をいつまでも言っているのが笑えます ( ̄▽ ̄)

持っていて欲しいと素直に伝えればいいのに…(* ̄ー ̄*)


「他の女性にもらったものを…」と言われた時の心外そうな表情や、
Bv1880
「完璧だからな」って言っているときの表情がとても好きです
Bv1885
(*≧m≦*)

いつも思うのですが、カンマエの手って温かそうですね (* ̄ー ̄*)
Bv1886

表情が優しすぎて泣けてきます (/□≦、)
Bv1889

なんていいシーンなんでしょう (≧m≦)

好きなところだけ羅列したら終わってしまいました(爆)

2011年3月16日 (水)

まだダメだ

トーベンの名前を使ってルミを呼び出したカンマエ。
逢いたがっているのは自分なのに素直に呼び出せないところが何とも微笑ましかったりします (* ̄ー ̄*)
Bv1860
後ろ姿が素敵過ぎる…( ´艸`)

待っている間に「何を言おうか…」ってシミュレーションをきっと繰り返していたと思うのです ( ´艸`)
そわそわしているように見えるのは私だけ!?

写真を嫌がるカンマエ。
Bv1863
なにもここまで嫌がらなくても(笑)
カンマエって公演ポスターとかの写真は素敵だけど、普段の写真はムスッとした表情でしか写れなさそうです(爆)

「思い出の品がない」って言うルミに、「脱いだ靴下でもやろうか?」とカンマエが言いますが、「ぜひ下さい!!」と思ったのは私だけではないはず…(笑)
「下さい」と言ったら本当にくれるのでしょうか!? (* ̄ー ̄*)
…「冗談だ」とか言って、くれない気がします。

↓この構図がとても好きです。
Bv1868
「ドイツに行っちゃだめですか?」と聞くルミへのカンマエの答えは「まだダメだ」でした。
「まだ」ってことは「いつか」があるってことですね (* ̄ー ̄*)
その「いつか」が来るまで私は待ちたいと思います。
…あ、待つのは私ではなくてルミですね(笑)

「いつまで?」と聞かれて答えられないカンマエ。
たぶん一番知りたいのはカンマエ自身なのだと思います。
Bv1869
この後の眉をピクッと動かす表情が好きです。



では、本日はここまで(笑)

2011年3月15日 (火)

名犬トーベン

トーベンが急にドアに駆け寄り、不審に思うカンマエ。
Bv1826

ドアの向こうにはルミがいるけれど…
Bv1829
Bv1830
モニター越しにただ見つめることしかできないのです。

散歩を装って外へ出ればいいのに… ( ̄ー ̄)

ほんの数メートルの距離しかないのに…、ただドアが1枚あるだけなのに…。
二人の距離はとても遠くて、その間には分厚い壁があるようです。

トーベンが吠えたのをきっかけに立ち去っていくルミ。
Bv1832
その後ろ姿を見ているカンマエの表情が何とも言えません。
ルミが去ってしまったショックや寂しさと、声をかけなかったことへの後悔とが入り混じったような感じでしょうか!?
Bv1833
…でも追わない (笑)

トーベンも「やれやれ…」と思っていそうです (笑)
Bv1835
トーベンが吠えたのは、いつまでも動かない二人に「いいかげんにしろ!!」と伝えたかったのかもしれません。
二人とも時間切れ (爆)
不器用な主に一歩踏み出すチャンスを与えたかったのかも…。
なんて主想いなんだ… (ノ_≦。)

…こんなことを勝手に想像して、感動しています ( ̄▽ ̄)
「トーベンはカンマエが心を許せる友人」だと書かれていることが多いけれど、私は、トーベンはカンマエのことを世話の焼ける兄弟だと思っているような気がします (笑)

Bv1837_2_2

こんな表情するぐらいなら追えばいいのに…(* ̄ー ̄*)

そんなカンマエがカワイイです ( ´艸`)

セリフはないけれど、カンマエの複雑な心境がよく現れていて、とても好きなシーンです。

2011年3月14日 (月)

皆様へ

昨日、「更新を控えます」なんて言っておきながら…

1日持ちませんでした (._.)


私の周りでは今日も普段と変わらない1日が過ぎました。
違うことと言えば、TVを付けたら地震の報道が流れていることと、街で義援金の呼びかけが行われていることくらいです。

そんな事実が心苦しくて、後ろめたくて、どうしようもありませんでしたが、逃げずにいようと思います。
明日からまたいつものように更新させて頂きたいと思います!!

温かなコメントを下さった皆様、私が慰められてどうするんだ!?という気持ちでいっぱいです。申し訳ありません。
そして本当にありがとうございました。


この判断が正しいのかわかりません。
しかし、更新しなければ何も生み出さないけれど、更新していれば、例え微々たるものでも何かを生み出すことができると信じています。


Flower_2


時間が経つにつれ、亡くなられた方の数が増えていくばかりで胸が痛みます。
心よりご冥福をお祈り致します。
そして、未だ安否すらわからない方々の一人でも多くのご無事をお祈り致します。



2011年3月14日     Tessui

2011年3月13日 (日)

皆様へ

日々のTV・新聞で地震の被害を目にする度に、自分の無力さを感じてしまいます。

色々と考えたのですが、やはり、しばらく更新を控えさせて頂こうと思います。

未だ安否確認の取れていない方々の多くの無事が早く確認できますように…。
そして、不安が少しでも早く薄れていくことを願うばかりです。

本日もこのブログにお越し頂きまして、本当にありがとうございました。


2011年3月13日    Tessui

2011年3月12日 (土)

初日

「私の愛、私のそばに」の福岡の初日に行って来ました!!

2011031217040000

映画を見るにあたり、「素直な気持ちで見れるかな!?」という心配もあったのですが…

何の問題もありませんでした!!
見れば自然と素直な気持ちになれます。
そして、鼻水が止まりませんでした。
ハンカチを取り出したら、涙が溢れて来ました。
さぞや酷い顔だったと思います。

薄いハンカチでは足りません!!

なぜ涙が出たのか…、その時はあまり深く考えなかったけれど、今思えば、ただ二人の笑顔をもう少し私は見たかったんだろうと思います。
二人が出逢えて本当によかった、と心から思います。
思い出すと、また涙が…。


感想を簡単に言えば、「とても美しくて温かい映画」でした。
今は上手く言葉にできません…。

私も頑張って生きていこう!!と元気をもらいました。

おばさん(オギョンさん)の言葉がとても印象に残っています。

さて、本日はぴーちさんとの初対面を無事果たせました!!
自分でポスター前に待ち合わせと伝えておきながら、「人違いだったらどうしよう…」となかなか声をかけられず…(←小心者)
その節はご迷惑をおかけしましたm(__)m
お逢いできてとても楽しかったです。
21日もよろしくお願いします!!


免疫なんてとんでもありませんでした。
21日もきっと涙と鼻水がとまらないことでしょう。

2011年3月11日 (金)

前日になりました

昨日(3/10)の夕刊を見ると…
2011031122220000
おお~っ!!

載っているだろうと思っていたけれど、実際に載っているのを見るとドキッとしてしまいます。
この前「あと1週間」と言っていた気がするのに、もう明日のことになりました。

私にとって、ミョンミンさん出演作品の2作目。
今は複雑な思いが入り混じっていますが、観賞の時は無心になりたいと思います。



* * * * * * * * * *



「東北地方太平洋沖地震」

地震があったことは知っていましたが、帰ってTVを見るまで、ここまでひどいとは思ってもいなくて…。
私でさえ不安なのですから、地震に遭われた方々の不安ははかり知れません。

空を見上げると月とオリオン座が美しく輝いていました。
見えている空は同じなのに、個人が置かれている状況はこんなにも違うのか!?、とこれほど感じたことはありません。

もとの平穏な生活が早く戻りますように…。

2011年3月10日 (木)

素敵な名前ですね

少し場面は遡り…

「素敵な名前ですね、チョン・ヒヨン」
Bv0542
( ´艸`) ( ´艸`) ( ´艸`)

こんなこと言われたら、誰だってときめきますよね (≧m≦)

ヒヨンさんはそうでもないのかしら…!?
ご主人、愛されていますね (* ̄ー ̄*)

1回電話を切ろうとしたのに、また戻して言っているってことは、ふと頭に浮かんだんだのかなぁ…。
カンマエって人がドキッとするような言葉を無意識に発しているようなイメージがあります。
ひょっとしたら今までも各所で女性を勘違いさせてきたかもしれません (爆)

ルミちゃんにも言ってあげてほしいなぁ…なんて思ったけれど、
「トゥ・ルミじゃなくてサムタクだ」
…なんて言ってしまいましたからね。
すでに手遅れではないですかっ ( ̄Д ̄;;
なんてことを‼‼


ヒヨンさんをソロに抜擢したカンマエ。
カンマエがヒヨンさんをソロにしたのは、家族のために自分のやりたいことをずっと我慢してきたヒヨンさんに同情したからではないと思うんです。
その思いを発散させたら良い演奏ができると信じたからだと思います。
上手くいくかは賭けだったと思うけれど、カンマエの目論みは当たりました。

そして、この結果を招いたのはカンマエの言葉なんですよね。
「トントンオリ」とまで言われたカンマエに名前を褒めてもらえたことは、ヒヨンさんには何よりも価値があったと思います。
カンマエはお世辞なんて言えませんから(笑)

2011年3月 9日 (水)

地獄に落ちますよ

「大人の話を聞かないと地獄に落ちますよ」
Bv0565
にこやかに何をおっしゃってるんですか Σ( ̄ロ ̄lll)
でもカンマエに言われると本当に地獄に落ちそうな気がするから不思議です(笑)

ヒヨンさんがもうすぐ着くと聞いた後のカンマエの行動…。
舞台上から笑顔を振りまいている(!?)カンマエを初めて見た時は、
「この人、音楽の為なら悪魔にも魂を売ってそう」
…なんて失礼なことを思いました(爆)


「ここはクラシックの国です」
「ここで騒ぐと妖精が1人ずつ死にます」

カンマエの口からメルヘンな単語が出て来たのは意外でした。
「死にます」っていうのがカンマエらしい表現だなぁ…なんて思います(笑)
でも、カンマエって表には出さないけれど、ネッラ・ファンタジアの時のように頭の中には音楽の世界がたくさん広がっているんだろうなぁ…と思うのです。
実は誰よりもロマンチストなのですね!? (* ̄ー ̄*)


マイクを持つ姿も素敵です (≧∇≦)
Bv0564
エンターテイナーなカンマエ。
なんとも貴重であります。頼んでも絶対にしてくれそうにありません。

2011年3月 8日 (火)

無視してください

個人的お気に入りのセリフ・迷言編(その2)

カンマエ : 「止まらないで」
運転手 : 「赤信号です」
カンマエ : 「無視してください」
Bv1845
何をおっしゃる (笑)

「変な客を乗せてしまった…」
運転手さんはきっと思ったことでしょう。


そして、再び登場の被災者代表 チュ・ヒョンチョルさん。
彼らがビラ配りを手伝っているという事実にとても感動します。
あの第九が彼らのすさんだ心を救ったのですね。

カンマエの思いが伝わったんだなぁ…と思っていたら、当の本人ここにいるし(爆)

ヒョンチョルさんが近づいてきたときのカンマエの表情が面白いです。

「まずい!!」と思い…
Bv1849_2
慌ててドアをロック。
Bv1851
そして、気付かないフリ。
Bv1853
彼には自分の過去や思いを熱く語ってしまっただけにきまりが悪いのでしょう。
それに今の自分の行動に自信が持てないんでしょうね。

ヒョンチョルさんの表情がまた面白い…。
Bv1854


カンマエが出発を早めたのは、このままだと指揮を引き受けてしまいそうだと思ってのことだと思います。(+ 見送りの雰囲気が苦手というのもありそう…)
わざわざ公演に行けないように仕向け、別れも告げずに家を出たのに、世界はカンマエを公演に導いているようです。
「このままでいいのか?」っていうカンマエの本心を表しているようでもあります。
これはもう運命なので諦めましょう(笑)

2011年3月 7日 (月)

早かったな

第5話より

指揮をしているカンマエはもちろん素敵なのですが、舞台袖でゴヌが来るのを待っているカンマエも好きです ( ´艸`)
Bv0551
ゴヌを待っているというのもあるかもしれませんが、感慨深げにモニターを見ているようにも見えます。
初めはゴミだと言っていたオケが、何とか本番を迎え、残すところあと1曲…。
カンマエにとって、こんなオケは初めてだったと思うので、何か思うところがあると思うのです。

きっとそれが、「信じています」発言に繋がるのでしょうね。

いつも思うことですが、カンマエの背中っていろいろなものが漂っている気がします。

「早かったな」だって… ( ´艸`)
Bv0553
本当はゴヌが来て嬉しいに違いありません。
ゴヌが必ず来ると信じていたカンマエ。
でも、そんなそぶりを微塵も見せることはないのです。

「指揮者よりも後に入るつもりか?」
Bv0554
振り向いているカンマエは素敵だと思います… (*≧m≦*)

途中でオケを抜けたゴヌ。
でも、カンマエはゴヌの居場所を最後まで残して待っていました。
なんだかそれだけでも感動です (/□≦、)

師弟愛ですね (* ̄ー ̄*)

2011年3月 6日 (日)

実直なだけだ

ミュンヘン・フィルからの手紙を読んでいるカンマエとゴヌのやりとりがほのぼのとしていて好きです。
Bv1812

「性格もかなり偏屈だったとか?」と聞くゴヌに対して、「偏屈じゃなくて実直なだけだ」と言うカンマエ。
Bv1813
実は少し気にしてるんだなぁ…なんて思ったり ( ´艸`)

ちなみに…
 偏屈 : 性質がかたくなで、素直でないこと。ひねくれていること。頑固なこと。
 実直 : 誠実でかげひなたのないこと。まじめで正直なこと。律義。

ゴヌに1票(笑)


ゴヌに「オ~~~」って言われて照れている感じも可愛いです。
Bv1814
まんざらでもない様子。

「先生を遠く感じます」と言うゴヌに「お前たちが勝手に近づいて来たんだ」と答えるカンマエのセリフが印象的です。
今まで、ミョンファンぐらいしか近づいてくる人がいなかったであろうカンマエ。
でもゴヌやルミが近づいてきて、カンマエも心を開かざるをえなくなって…。
手紙に「感情豊かな表現ができるようになった」と書いてあるのを読んで、彼らとの出会いを振り返っているのかなぁ…なんて思います。


そういえば、このシーンのゴヌは、カンマエの扱い(笑)が上手いなぁ…って思います。
一晩で急成長したようです。これならカンマエの弟子として立派にやっていけますね。

2011年3月 5日 (土)

あと1週間

「私の愛、私のそばに」の福岡公開まであと1週間となりました。

0312_2

いつの間にこんなに時間が経ったんだ…とビックリです。
公開日が近づくにつれてソワソワしています (≧m≦)


過去記事のコメント欄に話が出ておりますが、団体観賞 しましょうということになってます。
現時点で決まっているのは…
 観賞日 : 3月21日(月・祝)
 場所 : ソラリアシネマ
 現在の参加人数 : 6人
ということだけですが、「一緒に観ましょう♪」という方がいらっしゃいましたらコメントを頂ければと思います。
一緒に素敵な時間を共有しましょう ヽ(´▽`)/


* * * * * * * * * *


今日買ったもの

Hotchilipaper50
「HOT CHILI PAPER  Vol.50」

ベバのページが6ページあって、なんだか雰囲気が好きだったので買ってみました (≧∇≦)
他のページはほとんどがわからない人ばかりなので、「へぇ~」と思いながら眺めています。
韓流のお勉強♪なんて思っていたら、この雑誌って2年前のものなので情報が古いですね(笑)
それにしても、韓国の方って爽やかですね。笑顔が眩しいです。

2011年3月 4日 (金)

そいつは砂利だ

ミョンファンが「新しい弟子ができた」と言ってゴヌを連れてくるシーンのカンマエとミョンファンのやり取りが面白くて好きです。

「放り出したらこんな奴に行き着いたのか」
Bv0725
こんな奴…(笑)
勲章までもらった人なのに…。
自分への当てつけのようにミョンファンの元に行くなんて、さぞやショックだったことでしょう。
そういえば、ゴヌはカンマエとミョンファンの仲を知っているのでしょうか!?

「原石?そいつは砂利だ」
Bv0726
砂利…(爆)
こんな言葉がすぐに口から出てきてしまうカンマエが大好きです
( ´艸`)

そして「お前は逆のことを言うからな」と言って、カンマエの言うことを全く気にせずに普通に対応しているミョンファンもまた良いです (≧∇≦)
この二人、なんて良い関係なんだろう…。

「用心しろよ。怒るとなんでも食う奴だ」なんて言っているけれど、図星をさされて照れ隠ししているようにしか見えません ( ´艸`)

カンマエかミョンファンどっちを選ぶか?と聞かれたゴヌが「前に断られた人にお願いしたいとは…」と言った後の表情の変化がなんとも言えません。
Bv0728
Bv0729_2
ひょっとしたら自分を選んでくれるかもしれない…と淡い期待を抱いていたのかもしれません。
相当ショックを受けているようですが、ゴヌを追い出したのはカンマエ自身です。
なんだかんだ言って、やっぱりゴヌのことが可愛いのですね ( ´艸`)

2011年3月 3日 (木)

切り落としたい

「私の指のミスですから」と言って人差し指を立てているカンマエが好きです ( ´艸`)
Bv0705
Bv0706
Bv0708
忌々しそうに自分の指を見ている表情がなんとも言えません。
「切り落としたい」だって… ( ´艸`)
ゴヌが研究団員になると言って、少なからずショックを受けているであろうカンマエ。
「ゴヌに刺激を与えて成長させよう」なんて思っていた過去の自分を人差し指に映しているのかもしれません。

ミスを犯しているところ…(爆)
Bv0611
ミスを犯したのは親指なのでは!?なんてどうでもいいことを思う私(笑)
親指を立てるカンマエ…親指を立てたら全く別のものになりますね。
ありえない光景が目に浮かびます(爆)

2011年3月 2日 (水)

私の団員だからです

「(フェスティバルで好評を得たら)正式団員として受け入れてください」と言うカンマエ。
Bv1143

そして、「なぜそこまでして彼らを?」と尋ねる市長に「私の団員だからです」と答えるカンマエ。
Bv1149

なんて素敵なんだろう… (*≧m≦*)

「多くの演奏家と会うが“この人だ”という出会いは少ない。…(略)…簡単にはあきらめません」
カンマエは彼らに出会えたことが本当に嬉くて、そして心から大切に思っているんだなぁと感じるセリフです。

カンマエの思いに泣けてきます (;ω;)

カンマエって市長には本音を話せるんですね(笑)
半分でもいいから研究団員たちにカンマエの思いが伝わればいいのに…とこれからの展開を思うと哀しくなります。


このシーンは他にも好きなところがたくさんあるのですが…

襖を開けた後の市長を見た時にこぼす笑みとか…
Bv1138
素敵過ぎる… ( ´艸`)

Bv1145
腰の低い市長も面白いです ( ̄▽ ̄)

個人的には…
Bv1131
カンマエが靴を脱いでいるというのもポイントです。
寝ている時ぐらいしかカンマエが靴を脱いでいるシーンってないですからね。
なので、カンマエの足元が見えなくて少し残念だったりします(笑)

2011年3月 1日 (火)

ご安心を

ヒョックォンさんの奥さんに「ご主人は解雇されました」と語るカンマエ。
Bv1353_2
素敵過ぎる… ( ´艸`)

「総責任者である私の力不足ですから、私がクビにしたも同然です」

謙虚で、丁寧で、表情も優しげで…
なんて紳士的なんでしょう (≧m≦)

「実力は特別ではなくても、ギリギリ合格できるレベルではあります。ですからご安心を。」
Bv1357

クビになったことを知られたくないヒョックォンさん。
でも奥さんは周りから聞かされてショックを受けていて…。
そんな奥さんにちゃんと説明をしてあげて、さらに安心感も与えてあげて、カンマエの配慮を感じます。

この公演が成功すれば、晴れて誰にも文句を言われずにクビメンバーを市響に迎えることができる。
彼らがクビになって一番悔しかったのはカンマエだから…。
彼らの成功を信じているからこそこのような言葉が出てくるのだと思います。
それでも「ギリギリ」なんて言葉が出てくるのがカンマエらしいです。


そういえば…

ボラちゃんとの初顔合わせ ( ̄▽ ̄)
Bv1352
ボラちゃんにかけた初めての言葉が「パパはクビになった」って…
印象最悪ではないですかっ (笑)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ