« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

4時間半…!?

先週でBSフジのベバの放送が終わりましたね~。

妹の反応がなかなかよかったので満足です。
ノーカット版を貸して欲しいと言われたので、以前録画したBS11のDVDを貸しました。
BOXを貸せ!!という気もしますが、BOXを貸すと吹き替えで見そうなので、私がBOXを持っていることはしばらく秘密です(笑)

「ノーカットの吹き替え版ないの~!?」
と言う妹に、
「オリジナルがあるから吹き替えも存在するんだよ!!」
と言ってやりました(笑)

どっちも見た方がよいと私は思います。
吹き替え版も楽しめるのは日本人の特権ですね~(≧m≦)


妹と話していて驚いたこと。

BSフジでの放送は時間の都合でカットされていましたが、仮に1話あたり15分カットされていたとすると、全18話で4時間半カットされていたことになります。
約4話分もカットされていたのかと思うと驚きです w(゚o゚)w
15分カットというのは適当な数字ですが…。

そして、見ていないシーンがまだ残っている妹が少し羨ましかったりもします。


そういえば妹に聞かれて、「!?」と思うシーンが出てきました。

12話のこのシーン
 ↓  ↓
Bv1230
Bv1231
妹曰く、なぜキム係長がレストランを予約してくれているのかわからない、とのこと。

私の個人的意見を言わせてもらえば…
自分からルミちゃんを食事に誘うことができないカンマエの、精一杯の食事の誘い方なんだろうと思うのです。
キム係長に適当な店の予約を頼んで、あたかもキム係長が準備した風を装っているのかなぁ…と (* ̄ー ̄*)

初めて見た時から何の疑いもなくそうだと思っていたのですが、考えてみれば私の勝手な思い込み。
今更そのことに気付いた私 (^-^;
本当のところはどうなのかわかりません。

カンマエが言っていたように、たまたまキム係長が予約していただけかもしれません。
そんなことに税金を使っていいのか!?という気がしなくもないですが…(爆)

この後は食事どころではなくなってしまうので本当に残念です…。


余談…
Bv1233
カンマエが店を出ようとするルミちゃんの腕を掴むところが好きです ( ´艸`)

2011年6月20日 (月)

スラヴ舞曲集 第2集 作品72

昨日の続きです♪♪

第1番(第9番)


第2番(第10番)


第3番(第11番)


第4番(第12番)


第5番(第13番)


第6番(第14番)


第7番(第15番)


第8番(第16番)



※第1集からの通し番号で呼ばれることが多いらしいので、( )内に通し番号を書いてみました。

2011年6月19日 (日)

スラヴ舞曲集 第1集 作品46

ドヴォルザークの「スラヴ舞曲集」。

ただ自分が聴きたかっただけです (^-^;

そして思うのです。

「カンマエが指揮したら素敵だろうなぁ…」
Bv0535
( ´艸`) ( ´艸`) ( ´艸`)

誰か動画作って下さい…。


冗談はさておき(半分真剣ですけど・笑)、興味のある方はぜひお聴き下さいませ~。


第1番


第2番


第3番


第4番


第5番


第6番


第7番


第8番


とりあえず半分。残りは明日にでも…。

UP主様に感謝を!!

2011年6月16日 (木)

魅惑の名曲

今さらではありますが、クラシックにハマっているのです。
でも、「極めよう‼」とか「詳しくなろう‼」なんて気は全くないので、知識は増えていません(笑)
そして相変わらずオケや指揮者にも何のこだわりもないという…。

こだわりがないと、CDを選べないんです‼‼
とても困っています(爆)

そんな中見つけたものがこちら
  ↓ ↓
Wp08_2
『ウィーン・フィル 魅惑の名曲』(小学館)

隔週で出ているみたいです。
全50巻で、今日の時点で36巻まで出ていました(たぶん)。

買ったのはvol.8(↑の画像)。
「惑星」、聴きたかったんですよ!!
そしたら書店でこんなのを発見し、「これでいいじゃん‼」ってことになりました(安易+なげやり)。

カラヤンとウィーン・フィルと小学館を信じたいと思います。
ちなみに他の巻を買う予定はありません…(^-^;

私のように何のCDを買おうか途方に暮れている方は、こういう商品を買ってみるのもよいかもしれません(注 : 回し者ではありません)。

2011年6月12日 (日)

プチ会合♪

プチ会合 @博多


本日は九州支部のプチ会合に行ってまいりました~(≧∇≦)

参加者 : 小豆san、アリスsan、reo18さん、私 (五十音順)
3月のネサギョ鑑賞会以来の再会です。


当初は天神の予定だったのですが、高速バス運休ということで場所を博多に変更。
結果的には博多に変更してよかったように思います。
博多駅、充実してます。


さて、休日の博多駅、人が多い!!!!!!!!

飲食店はどこも行列でした。
3月に博多駅がリニューアルして、「飲食店は人が多くて近寄れない」という噂を聞いていたので、実は飲食フロアに足を踏み入れたのは今日が初めて。
まぁ、あれくらいの列なら許容範囲です。

昼食にパスタを食べ、その後お店を移動し、デザートタイム♪
不覚にも写真を撮り忘れました (;´Д`A ```
食べ物を語る上で写真は必要だなぁ…と実感。

食事しながらのおしゃべりタイム♪♪
例のごとく私は聞き役に徹しているわけですが、時が経つのを忘れ、外でお客さんが待っているのも忘れ(汗)、楽しい時間を過ごしました (≧m≦)
アリスsanとreo18さんの李舜臣話が面白くて、笑いすぎてマスカラが取れました(爆)
私はいつか「不滅の李舜臣」を見た時に、お二人が話していたシーンを平穏に見ることができるのでしょうか…(笑) ボロ雑巾…。

私もミョンミンさんの他の作品を見てみようとお三方の話を聞いて思いました。
その前にTSU○AYAの会員証を更新しなくてはレンタルもできない有様…。
ベバに出会い、次に何を見ようかなぁ~と迷っているうちに半年経ちました。
そしてこれからも何も見ずに時が流れそうな気がします(笑)

あ、アリスsanのお名前を伺うことができました~。
出会って3ヵ月後に知るなんて一体…( ̄Д ̄;;

また皆さんとお会いできる日を楽しみにしております~(≧m≦)
ありがとうございました m(_ _)m

続きを読む "プチ会合♪" »

2011年6月 6日 (月)

口パク

カンマエがやけに素敵に見えて仕方がない第7話 ( ´艸`)

ルミちゃんを指揮者室へ呼び出したカンマエは口パクで何と言っているのか!?

韓国版のDVDに字幕があるので訳してみました。
適当ですが、大きく意味が外れていることはないはず…(汗)

始めの方は字幕がないのです。
ルミちゃんの気持ちになって驚いてね!! ということなのでしょうか?
私も初めて見た時はテレビが壊れたと思いましたから(笑)


0701
「来たか。やってもらいたいことがある。毎朝、新聞とエスプレッソを机の上に置いておけ。いいな?」

0703
「どうした?また耳が聞こえないのか?」

0705
「うーん…大変だ。いつからだ。今朝?それとも今?」

0706
「本当に聞こえないのか?こんなに大きい声で話しているのに?」

0707
「どうしたものか…救急車を呼ぶか?それとも119?」


韓国でも救急・消防は119番なのですね。
ちなみに警察は112番らしいです。へぇ~。

2011年6月 2日 (木)

Aマイナー

注)怪しい知識で書いていますので「ふ~ん」程度にお読み下さいませ。


第7話より。
ゴヌのことをミョンファンに頼むことにしたカンマエが、自分のことを「永遠なるAマイナー」だと語ります。
Bv0768

自分をAマイナーだと例えるところがなんだかカッコ良くて素敵です (≧m≦)
「Aマイナー」だから……つまり「イ短調」ってことですね。

ちなみに↑のカンマエのセリフの「Aマイナー」を「イ短調」に置き換えると、なんだかとてもダサいので(←オイッ)、字幕も吹き替えも「Aマイナー」のままで良かったなぁとつくづく思います(笑)何でも日本語にすればいいわけではないですね。

私は例えるならなんだろう…!?
Cメジャー(ハ長調)かな!?
その心は……わかりやすいから (←適当)
「あなたは○○調です」みたいな診断表があったら面白いだろうなぁ…と今ふと思いました(笑)

「イ短調」って言われてもピンと来ないので、イ短調の曲を聴いてみましょう♪ってことでいくつか集めてみました♪♪
転調するので、わかるようなわからないような…(^-^;

ベートーベン / エリーゼのために


モーツァルト / ピアノソナタ第8番


リスト / 超絶技巧練習曲第2番


バッハ / ヴァイオリン協奏曲第1番


メンデルスゾーン / 交響曲第3番


マーラー / 交響曲第6番


※「これ違うよ」というのがありましたら教えて下さい m(_ _)m


同じ調の曲を集めて聴いてみるということが今までなかったのですが、なかなか面白いですね。

そういえば、ショパンの「木枯らし」もイ短調。

カンマエにとっては自分のテーマ曲(?)なのかもしれません。

イ短調の曲の説明を読んでいると、「悲劇的」という言葉をちらほら目にします。
確かにそういうふうに聴こえるような気がしなくもないです。

Aマイナーだと語っているカンマエ、どことなく寂しそうです。
本当はAマイナーは嫌だけど、変われるはずもないから受け入れてこれからも生きよう…みたいな諦めの雰囲気が漂っているように感じます。

でも、カンマエ、最後にはAマイナーではなくなっていますよね!?
素敵なことです (≧m≦)


あまり語るとボロが出ますので(もう出てます)、この辺で終わります(笑)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ